オススメのアルバム

こんばんは。ナユタナユタのボーカルの男の方です。

このサイトの更新が久しぶりすぎてログインするのに3日かかりました。

今回は僕が影響を受けたオススメのアルバムについて書きます。

それぞれそのアルバムの中からお勧めを1曲ずつ紹介します。

 

1.Danse Macabre / The Faint
アメリカのネブラスカで結成された5人組のダンスロックバンドTHE FAINTの3枚目。
パンキッシュでとても良い。一押しはこの曲↓

2.Don’t Make Me Wait / Locksley
アメリカ、ウィスコンシン出身の4人組バンドLocksleyの1st
ビートルズっぽい!で評価が終わってしまった感があるけれどこのアルバムは名盤。
一押しはこの曲↓

3.Morning View / Incubus
いわずと知れたアメリカカリフォルニア出身の大御所バンド、Incubusの4枚目
ニューメタルとかファンクメタルとか言われていたバンドだったんですけど
メロディセンスが静かに爆発している1枚。
日本のDragon Ashを筆頭とするミクスチャーバンドもこのバンドの影響は大きいはずです。
一押しはこの曲↓

4. We’re Already Gone / The Beautiful Girls
オーストラリアシドニー出身のバンド。The Beautiful Girlsの2005年にリリースしたアルバム。
The Beautiful Girlsってバンド名なのにメンバーが全員おっさんなのがまず最高。
このアルバムの最後に収録されているWeight Of The Worldという曲は
僕らが大好きなキューピーマヨネーズのCMソングでした。
一押しはこの曲↓

5. Hard Rock Bottom / No Use For A Name
惜しくも5年前に41歳の若さで亡くなったトニースライが率いるメロディックパンクバンド、No Use For A Nameの名盤
このアルバムのに収録されているLet me downは昔と変わってしまった恋人のことを歌ったような歌詞の曲ですが
No Use For A Nameはいつまでも変わることなく僕らの中にあるキッズの部分を揺さぶり続けるのでした。
一押しはこの曲↓

6.From A Basement On The Hill / Elliott Smith
アメリカのシンガソングライター、エリオットスミスの死後に発表されたアルバムです。
A Fond Farwellっていう収録曲がとても好きなんですけど友人との別れを歌った歌で
その歌詞がどことなく彼の遺書のような気がしてitunesのランダム再生で急に流れてくると泣きそうになります。

It’s just a fond farewell to a friend
It’s not what I’m like
It’s just a fond farewell to a friend
Who couldn’t get things right
A fond farewell to a friend

7. Nu-Clear Sounds / Ash
北アイルランドの3人組バンド。ギターとベースが15歳の時に結成されたバンドで25年ものキャリアを持ちます。
このアルバムは女性ギタリストが居たときのものなんですけど
暗くてセールス的にはコケましたが僕は大好きなんです。
A Life Less Ordinaryという曲は同名タイトルの映画の主題歌にもなりました。
(邦題は「普通じゃない」)
一押しはこの曲↓

8.Rafi’s Revenge / Asian Dub Foundation
イギリスに居るインドバングラディッシュ系のメンバーを中心に結成されたのもあって政治色がとても強いバンドなんですけど
ダブ、ドラムンベースなんでもありの音楽性なんですけどギターのリフがかっこいい!!
メンバーが入れ替わりが激しくて現在は元々のメンバーは半分くらいしか残ってません。
初期のアルバムのほうがバンド色が強く、泥臭くて好きです。
ASIAN KUNG-FU GENERATIONと間違えて皆聴いてくれればいいなと思います。
お勧めはこの曲↓

9. Always Outnumbered, Never Outgunned / The Prodigy
カニのジャケットのアルバムが有名ですけどこっちのアルバムのほうが好きです。
邪悪なダンスロック!!ラスボス感が強すぎる。
お勧めはこの曲↓

10. With Love And Squalor / We Are Scientists
イギリスのバンドかと思っていたらアメリカのバンドでした。
科学者っぽいメンバーが居るだけで全然科学者じゃないバンド。
シンプルなスリーピースのダンスロック。
お勧めはこの曲↓

11. OK Cowboy / Vitalic
New Waveよりのエレクトロな作品。
大音量で部屋に閉じこもって暴れながら聞きたい。それでお姉ちゃんに怒られたい。お姉ちゃん居ないけど。
お勧めはこの曲↓

12. Touch/Tone  /  I Am Robot And Proud
ショウハン・リーム のソロプロジェクト。
無機質な電子音を紡いでいるはずなのにこんなに暖かくて深い音になるから
改めて音楽ってすごいなと感じさせられた作品。
お勧めはアルバムタイトル曲のこれ↓

13. Fire Theft / The Fire Theft
Sunny Day Real Estate のJeremy Enigkが結成したバンド。
癒し系エモと僕は勝手に呼んでおります。ボーカルの透明感が素晴らしい…。
お勧めはこの曲↓

14. Misadventures / Kobai
このアルバムしか知らないんですけど
death from above 1979にギターロックの要素を強くしたようなバンドです。
お勧めはこの曲↓

15. Love To Be Lost / Kyte
エレクトロニカやポストロックの要素が強いシューゲイザーバンド、カイトの4枚目のアルバム
最初の頃のアルバムのSunlightって曲が有名なんですけど後期に行くにつれてシンセ色が強くなっていくので
初期のアルバムでで聞くのをやめてしまった人にも聞いてほしいです。(好き嫌いはあると思いますが。)
お勧めはこの曲↓

= Please Share This Post =Tweet about this on TwitterShare on Facebook

Post navigation

コメントを残す